ボーディングスクールの特徴

ボーディングスクールとは、中学3年生から高校3年生までの4年間の間に規律や組織、人間関係について学ぶことができる全寮制私立学校のことです。
多感な時期に海外で様々な国の同級生と過ごすことで、大きく成長し、将来の可能性を広げる機会となるとして人気があります。
そんなボーディングスクールの特徴は、まず教育を行う環境が整っているということです。寄付金が多く集まることもあり、生徒が快適に学ぶための最新設備はもちろん、IT環境もしっかりと整っています。

また学校によっては図書館だけで5階建てのビルのようになっているなど、日本では考えられないほどの環境となっています。


それに加えて、教師の質が高く、カリキュラムが充実しているというのも特徴です。



ボーディングスクールの給与は公立校と比べると高いことから質の高い教師が集まっており、その中でも厳しい採用試験と研修を受けた教師が教鞭をふるっているのです。



またただ暗記するような教育ではなく、自ら考えて答えを出すということに重きを置いた教育カリキュラムが組まれており、将来的に自分で考えて行動できる人間を育てることが出来るのもボーディングスクールの特徴です。

あなたにオススメのエキサイトニュースの情報を掲載しています。

基本的に1クラス10人以下の少人数制となっていますので、先生との距離も近く、きめ細かい授業が行われるのも魅力といえます。


このようにボーディングスクールは、世界各地から将来的なリーダーとなれる人材を育てられる学校といえるのです。


Copyright (C) 2016 ボーディングスクールの特徴 All Rights Reserved.