高校留学前に準備すること

高校留学をする時には、一刻も早く現地の学生やホストファミリーと親しくなることが、英語力の向上や楽しい留学生活を送れることにつながります。


高校留学先で順調にスタートを切るためには、留学前にある程度の準備をしておくことが大切になります。

その準備の一つ目には、当たり前のことですが英語の勉強をしておくことがあげられます。
高校留学生は最初に簡単なオリエンテーションを受け、英語の実力別にクラスに振り分けされます。



この時に英語の実力がないとみなされると、通常の授業に加え、英語が上達するための授業もうけなくてはいけなくなります。

慣れない地で授業数が増えることにより、留学生活が大変なものになってしまうかもしれないので、ある程度英語の勉強はしておきましょう。
次に英語で自己紹介ができるように準備をしておきましょう。


留学先での最初の会話は自己紹介になります。


高校の同級生であっても、ホストファミリーであっても、自己紹介は必ず必要になります。



例えば日本の生活の説明や、日本の学校の説明、日本の料理や遊び、趣味など、英語でスラスラと話せるように何パターンか用意しておくと、話もはずむといえます。

そして料理も少しはできるようにしておきましょう。ホームステイ先に慣れてきたら、日本の簡単なメニューを作ってホストファミリーに振る舞うことで、会話も弾み、よい関係を築くきっかけにもなります。日本の料理を少なくとも2つくらいは作れるように、家庭で聞いておきましょう。

マイナビニュースの有益情報を見つけよう。


Copyright (C) 2016 高校留学前に準備すること All Rights Reserved.