高校留学を果たすための準備

高校生が留学を試みる場合に必要になってくる学力について考えてみます。
理解しやすいように対象を英語圏の高校とします。

マイナビニュースの情報を求める人におすすめです。

まずは英語力です。



少なくとも実用英語検定(いわゆる「英検」)では2級を取っておくことが必要となります。


英検2級は、日本では高校上級という扱いですので、国内の大学を受験する際に英語力に関して合格するに足る力がある、と考えることができます。

ところでこのクラスの英語力は、英語を母語とする人々にとってはどのくらいの難しさになるのでしょうか。

それは彼らにとって高校を受験するレベルの英語(すなわち彼らにとっては国語)ということになります。
高校留学にはこの程度の英語力が必須となります。

語彙力や文法力はほぼ十分と考えて良いでしょうが、ヒアリングや会話、ライティングは不足すると思われますので、別途対策を講じておくことが必要です。


さて高校留学では、当然英語以外の科目の学力ももちろん大切です。
しかし日本でも英語圏の国でも、高校で取り扱われる学問は、大学が応用および専門であるのに対し、基礎学問ということができます。



そのためできれば日本の高校を終了するまでの範囲で予習をしておくことができれば十分でしょう。
他の教科を英語で勉強しておくことができればなお良好ですが、そこまで無理をする時間も余裕もないでしょう。

総括すれば、高校留学において、英語力は日本の高校上級すなわち大学受験を合格するレベルで学んでおくこと、他の教科は予習として高校の教科書を終了させておくことが必要になります。


Copyright (C) 2016 高校留学を果たすための準備 All Rights Reserved.