英語圏の国への高校留学

英語教育の早期化が話題となっている現在、我が国の首都圏、関西圏、九州圏にあるインターナショナルスクールへ入学する子供が増えています。
又子供に対する英語塾、英語教室も沢山の生徒を集めて居り、まだまだ増えそうな勢いです。



この様な状況下英語圏の高校に高校留学する生徒が着実に増加しています。

All About全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

義務教育を終えたばかりの子供に取ってはホームステイ制度が有るにせよ一人で生活する事になり、本人も送り出す保護者の方も勇気のある決断をする必要が有ります。

幸い今は過去の先輩高校留学生の実績も追跡調査する事が出来る為留学のリスクは大きく有りませんが家族に取って大英断である事には変わりません。


幸い北米圏の英語とフランス語を公用語とする国では昔から多くの移民を受け入れて居り、高校留学に関しても違和感なく親切な受け入れ態勢が取られています。

送り出す保護者が一番心配する治安に関しても現地では高校とホームステイ先とが充分なコミュニケーションを取り、ホストファミリーが留学生の現地での身元引受人として見守るシステムが機能しています。
我が国の送り出す保護者が考える以上に地域社会の留学生に対する支援活動は活発で有り、留学生に取っては語学の上達と共に地域社会の暖かい支援を母国に持ち帰る事になります。

高校での勉強と共にホームステイ先でその家族と一緒に料理を作り、後片付けを行う事は生きた語学力を身につけるには絶好のチャンスであり高校留学の良き想い出となります。




Copyright (C) 2016 英語圏の国への高校留学 All Rights Reserved.